下関市の整体院で坐骨神経痛、椎間板ヘルニアを改善するならみらい整体院

ご予約はこちら083-227-2349
お問い合わせ ネット予約

みらい整体院のブログ

痛みにばかり気を取られたら治るものも治りません。

2018年10月15日

原因不明の痛みを治す専門家 院長 川島です。

??

治療しに来てるから、
痛みが0になる事がいいんじゃないの?

と思いますよね?

でもね、
痛みばかりに気を取られていると、
治っていっている場所があるのに
それを実感できずに、
「あぁ、、、全然治らないじゃん。
 ここの治療院もダメだったか。」

となり、数回で
治療をやめてしまい、
結果が出ない、
という悪循環になります。

例を出してみましょう。

肩が痛くて上がらない方がいます。

肩が90度までしか上がらずに、
動かすと痛みも強く、肩を動かすのも辛い状態。

ですが、治療後は
90度以上肩が上がるようになりました。

痛みも10の痛みだったものが、
7に減りました。

さぁここから大事!

痛みに執着していると、
上がるようになった肩には目もくれず、
90度以上、無理をして肩を上げて

「あぁ、まだここが痛い、変わってないですね。」
と痛みを探してしまうのです。

どうでしょう?

肩は動くようになっているし、
痛みも先ほどより3も減っている。

これって治っていっていませんか?
えぇ、治っていっています。

でもね。
これって患者さんのせいばかりではないんです。

痛みに執着しているのは
実は患者さんだけではなくて、

「先生」も執着している事が多いんです。

例えば、
「先ほどより”痛み”はいかがですか?」
「昨日の痛みと今日の痛みに変化はありましたか?」

これでは患者さんが
痛みに執着してしまうのはしょうがないでしょう。

そう。

痛みにとらわれ過ぎると
本質が見えなくなります。

あなたは本当に痛みを取る事が望みなのでしょうか?

・孫と心置きなく遊ぶためではないですか?
・友人と心置きなく旅行に行くためではないですか?
・趣味を楽しむためではないでしょうか?

見失っていませんか?

目標は人それぞれにあります。

その目標を達成するために
私たちを使えばいいのです。

もちろんどんどん良くなっていけば、
目標である事ができるようになっていれば、
その時は痛みもなくなっている事でしょう。

その目標が常に頭にあれば、
痛みなんか考える余裕なんてありません。

なぜなら
あなたの頭の中には
あなたの目標を達成して
キラキラ輝く自分が想像できているはずですから。

痛みが1減ろうが、
3減ろうが、
どうって事ないです。

だって目標に1歩でも近づいているんですからね。

上記の肩が痛い人で例えると、

孫を抱っこするために
肩の痛みを治したいんです!

という目標があったとしましょう。

結果は、1回で
肩も90度以上
上がるようになったし、
痛みも3減っている。

回復も時間の問題でしょう!

嬉しくありませんか?( ^ω^ )

そう。
痛みに囚われるのは良くありません。

先生方にもとらわれている方もいるかもしれません。
私も治療家ですから、
時々痛みの増減がすごく気になります笑

でも我慢です。

目標にどれだけ近づいているか、
どれくらいの目安で目標に近づけるか、

ここだけです。

患者さんが未来を想像する事ができたら、
それはそれは嬉しいですし、
尊い仕事だと私は思います。

痛みを取ってくれる先生、
目標へ一緒に歩んでくれる先生、

あなたはどちらの先生についていきますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このブログを読んでいる方の中には、
もしかしたら治療家の先生もいるかもしれません。

痛みを取る先生は
この世の中腐る程います。

痛みを取ってくれる先生は
今の時代、普通ですよね?

患者さんとともに
患者さんの目標へ
一緒に歩んでいける、
そんな先生を目指していきます。

ともに頑張っていきましょう!

最新記事

アーカイブ